プリキュアで帝王切開?!

こんにちは、スタッフのはやしです🙌

みなさんは現在放送中の
HUGっと!プリキュアをご存知ですか😲??
まだお子さんが小さいと見ていない方もいると思いますが、、

テーマが〔母親〕という今回のプリキュアなのですが
10/7(日)に放送された回が
これ本当に子ども向けアニメ?と思わせる内容でした😅

その回のメインは〔帝王切開〕するお母さんと、お姉ちゃんになる子の話。

帝王切開の話するアニメなんて
とんでもなくビックリしましたね!!笑
でも、もの凄く救われる話です。


http://prehyou2015.hatenablog.com/entry/35wa(こちらから画像借用)

帝王切開をする事に、母親としての自信を失い不安なお母さんに先生が寄り添って言います。

帝王切開はつまづきじゃない、
立派なお産よ



これね、三年前に見てたら号泣ですよ😭😭

私は帝王切開か自然かを選択する身だったのですが、ギリギリまで自然分娩を希望していました。

でも気持ち的に堪えられなくなって、切ってもらったのですが、
やっぱり思いましたもん。

「陣痛も知らずに産んで、母親といえるのか?」みたいなこと😓😓

帝王切開=母親失格、みたいな感覚。
どうしてもネガティブなイメージになったり、母親としてダメとか、

劣等感とか、劣等感とか、劣等感とか。。。とにかく劣等感の塊になった😫

そんなお母さんに、
寄り添う産婦人科医の言葉は、
え?これ、プリキュアだよね??となりました(笑)

なんなら、

戦うシーンが数分で終わってるし!笑


ちなみに、
私も帝王切開を受け入れているようで、最初の1年くらいは気にしてました。

でももし、あの時自分のエゴで
子どもを苦しめたり
家族に心配をかけてたら?
と思うと、あの時の選択は間違っていないと自信をもっています。
(夫も同意見)

世間は時々
子どもを産めというわりに、
妊娠は病気じゃないとか(これ、大体意味を履き違えて使ってる)、
帝王切開は楽してる、
母乳は出てないのか、
外で授乳するな、
色々とうるせー(笑)ことを言います。

本当、黙ってて…😊😊笑


でも、人は自分が体験したことしか分からないし語れない。
から、自分が体験したことは、他人は計り知れないわけで。

私はあの時、
アニメのような言葉は貰えてないけれど

夜中に泣きながら
不安の中で1人、「切ろう」と決断した自分の気持ちと体験は大事にしたい、、
勇気を持って、状況に対応したと、
自分のお産を語れるし、受け入れています。


だから、二人目に関しては
かなりポジティブ…(笑)


でも、きっと受け入れられない人もいる。
そんな人や、将来母親になるであろう子ども達に向けてポジティブなイメージを発信したあの回は凄すぎる…😲😲

もはやストレートすぎるテーマに
大人が戸惑いますが😅
真面目なブログを書いてしまうほど
衝撃的なプリキュアでした…🤔



次はもう少し楽しいブログ書こ~!笑


0コメント

  • 1000 / 1000